Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

知的障害者判定交付台帳を紛失 - 石川障害者職業センター

高齢・障害・求職者雇用支援機構石川支部石川障害者職業センターは、個人情報が記載された台帳を紛失したと発表した。誤廃棄した可能性が高いとしている。

所在がわからなくなっているのは、1988年度から1994年度までの「知的障害者・重度知的障害者判定交付台帳」。3月に知的障害者判定書の再交付請求があり、判定書を作成するため判定交付台帳を確認したところ、一部台帳の所在が確認できなかった。

紛失した台帳には、知的障害者判定を受けた対象者の氏名や性別、判定年月日、判定結果、交付年月日などが記載されていた。同センターでは、台帳の保管期間を30年としており、期限前に不要文書とともに誤ってシュレッダーによる裁断処理を行い、廃棄した可能性があるとしている。

(Security NEXT - 2015/07/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
自立支援センター入退所者の個人情報を紛失 - 大阪市
患者情報記載のメモ帳を学内で紛失 - 福島県立医科大病院
委託先が顧客情報含む資料を紛失 - 中部電
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
委託先が顧客情報記載の資料を紛失 - 中部電
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
個人情報含むUSBメモリを紛失、判明は1月 - 宇城市
保育所で児童の画像含むSDカードが所在不明に - 大阪市
患者情報含むUSBメモリを紛失、トイレで落下の可能性も - 愛媛県