Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「node.js」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開

20150707_no_001.jpg

サーバーサイドで動作するJavaScriptプラットフォームの「node.js」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性を解消したアップデートが公開されている。

V8 JavaScriptエンジンによるUTF文字列のデコード処理に問題があり、プロセスがクラッシュする脆弱性が判明したもの。外部から細工したデータが送り付けられると、サービス拒否の状態に陥る可能性がある。

開発者グループは、脆弱性を修正した「同 0.12.6」および「io.js 2.2.3」「io.js 1.8.3」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2015/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明