Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコム、PC管理ソフトの新版 - オフライン端末のログ収集に対応

インターコムは、クライアントPC運用管理ソフト「MaLion 4」の最新版となる「同 4.3」を提供開始した。

同製品は、IT資産管理をはじめ、操作監視、ログ収集など、クライアントPCの運用管理ソリューション。最新版ではクラウドによる専用サーバをオプションで提供する。

またオンラインストレージにアップロードしたファイルの名称が取得可能になったほか、スタンドアローンの端末についても操作ログ収集が可能。端末内のエージェントによって蓄積された操作ログを、あらかじめ作成した専用のUSBメモリに保存して取り出し、同ソフトのデータベースに取り込んで一元管理する。

100クライアント利用時の価格は108万円。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開