Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターコム、PC管理ソフトの新版 - オフライン端末のログ収集に対応

インターコムは、クライアントPC運用管理ソフト「MaLion 4」の最新版となる「同 4.3」を提供開始した。

同製品は、IT資産管理をはじめ、操作監視、ログ収集など、クライアントPCの運用管理ソリューション。最新版ではクラウドによる専用サーバをオプションで提供する。

またオンラインストレージにアップロードしたファイルの名称が取得可能になったほか、スタンドアローンの端末についても操作ログ収集が可能。端末内のエージェントによって蓄積された操作ログを、あらかじめ作成した専用のUSBメモリに保存して取り出し、同ソフトのデータベースに取り込んで一元管理する。

100クライアント利用時の価格は108万円。

(Security NEXT - 2015/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
Facebook上で収集されたデータ5.4億件がネット上に - 指摘するも3カ月以上放置
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に