Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスにより個人情報流出 - 貸し農園業者

貸し農園事業などを展開するマイファームは、従業員のパソコンが不正アクセスを受け、保存していた個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、業務に使用しているパソコンが不正アクセスを受け、保存していた情報が外部に流出していたことが6月17日に判明したという。流出したのは、パソコン1台に保存されていた取引先担当者約250人の氏名、会社情報、メールアドレスといった情報が含まれる。被害などの報告はないという。

同社は問題の端末はネットワークから遮断。不正アクセスやマルウェアによる被害が発生していないか調査を進めている。

(Security NEXT - 2015/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響
Ameba広告システムに不正アクセス - 内部データが公開状態に