Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引

腕時計型ウェアラブル端末「Apple Watch」の安売りをうたう詐欺サイトが確認された。不信感を持たれるような極端な値引きを避ける詐欺サイトも発生しており、注意が必要だ。

BBソフトサービスが、4月に検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。4月に検知された不正サイトは88万507件で、3月の107万9311件から18.4%の減少となった。

不正サイトの内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が前月比6.4ポイント減となるが、76.8%と全体の4分の3を占める。一方、「フィッシング詐欺サイト」は4.9ポイント増で19.1%だった。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が2.9%、「脆弱性悪用サイト」が1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から微増している。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
複数OSやファームウェアでBluetooth実装に脆弱性 - 盗聴や改ざんのおそれ
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」も更新
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処