Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引

腕時計型ウェアラブル端末「Apple Watch」の安売りをうたう詐欺サイトが確認された。不信感を持たれるような極端な値引きを避ける詐欺サイトも発生しており、注意が必要だ。

BBソフトサービスが、4月に検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。4月に検知された不正サイトは88万507件で、3月の107万9311件から18.4%の減少となった。

不正サイトの内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が前月比6.4ポイント減となるが、76.8%と全体の4分の3を占める。一方、「フィッシング詐欺サイト」は4.9ポイント増で19.1%だった。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が2.9%、「脆弱性悪用サイト」が1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から微増している。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
AirMacのファームウェアに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
2018年のフィッシング報告は約2万件 - 前年比約2倍に
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
Apple、「iOS 12.2」をリリース - 脆弱性50件を修正