Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引

腕時計型ウェアラブル端末「Apple Watch」の安売りをうたう詐欺サイトが確認された。不信感を持たれるような極端な値引きを避ける詐欺サイトも発生しており、注意が必要だ。

BBソフトサービスが、4月に検知した不正サイトの状況を取りまとめたもの。4月に検知された不正サイトは88万507件で、3月の107万9311件から18.4%の減少となった。

不正サイトの内訳を見ると、「ワンクリック・不正請求詐欺サイト」が前月比6.4ポイント減となるが、76.8%と全体の4分の3を占める。一方、「フィッシング詐欺サイト」は4.9ポイント増で19.1%だった。

そのほか、「偽セキュリティ対策ソフト配布サイト」が2.9%、「脆弱性悪用サイト」が1%、「マルウェア感染サイト」が0.1%だった。いずれも前月から微増している。

(Security NEXT - 2015/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割
Apple、「Spectre」緩和策を追加した「macOS」や「iOS」を公開
「Meltdown」「Spectre」の影響、MacやiOSデバイスにも - 一部は修正済み
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
北朝鮮グループ由来の新種トロイの木馬「BANKSHOT」が判明 - 米政府が注意喚起
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正