Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、「Office 365」向けセキュリティサービス

トレンドマイクロは、「Office 365」の利用者向けにクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」と、メールセキュリティサービス「Trend Micro Hosted Email Security」の新版を6月上旬より順次提供開始する。

「Cloud App Security」は、「Office 365」が提供するメールやポータル、ストレージを標的としたサイバー攻撃から保護するクラウド型サービス。疑わしいファイルをサンドボックスで解析し、脅威を検知する。

また情報漏洩対策機能により、氏名や住所、マイナンバーなど個人情報含むファイルのメール送信やアップロードを監視し、ブロックする。料金は、5ユーザーで月額1215円から。

一方、「Hosted Email Security」では、組織内に設置する「Exchange Server」や
「Office 365」上の「Exchange Online」に対応。サンドボックス機能も搭載している。料金は5ユーザーで月額540円から。

(Security NEXT - 2015/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
【速報】「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでにゼロデイ攻撃が発生
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も