Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、「Office 365」向けセキュリティサービス

トレンドマイクロは、「Office 365」の利用者向けにクラウド型セキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」と、メールセキュリティサービス「Trend Micro Hosted Email Security」の新版を6月上旬より順次提供開始する。

「Cloud App Security」は、「Office 365」が提供するメールやポータル、ストレージを標的としたサイバー攻撃から保護するクラウド型サービス。疑わしいファイルをサンドボックスで解析し、脅威を検知する。

また情報漏洩対策機能により、氏名や住所、マイナンバーなど個人情報含むファイルのメール送信やアップロードを監視し、ブロックする。料金は、5ユーザーで月額1215円から。

一方、「Hosted Email Security」では、組織内に設置する「Exchange Server」や
「Office 365」上の「Exchange Online」に対応。サンドボックス機能も搭載している。料金は5ユーザーで月額540円から。

(Security NEXT - 2015/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
Office for Mac向けに定例外パッチをリリース - MS
メールで届く「wizファイル」に注意 - マクロ有効化でマルウェア感染のおそれも
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
日本語メールで不正「iqyファイル」が大量流通 - 国内IPでのみ感染活動を展開