Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診断サービスを拡充、新ブランド「SecureOWL」を展開 - KCCS

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は 、セキュリティ診断サービスを拡充した。あわせて新ブランド「SecureOWL」を立ち上げ、セキュリティ事業の拡大を目指す。

同社では、内部脅威などの診断サービスとして「セキュリティポリシー診断」「エンドポイント診断」をサービスメニューに追加。従来から展開しているネットワークやウェブアプリケーションの脆弱性診断サービスなどとあわせ、「情報漏えい耐性診断ソリューション」として展開していく。

また今回のサービス拡充にあわせ、フクロウをキャラクターとした新ブランド「SecureOWL」を立ち上げ、診断サービスをベースにインテグレーションサービスなど展開。セキュリティ事業の診断関連で初年度10億円の売上を目指して事業を展開していく。

(Security NEXT - 2015/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス