Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童情報の複数紛失事故、拾得者の連絡で判明 - 大阪市

大阪市立小学校において、児童の個人情報含むUSBメモリや児童名簿の紛失が発生していたことがわかった。いずれも、拾得者から学校に連絡があり判明したという。

4月27日、USBメモリと名簿を拾得したことを知らせる外部からの連絡があり、学校関係者が回収したもの。名簿については、教員が児童名を覚える目的で自宅に持ち帰ったもので、同月23日まで所在が確認できていることから、それ以降に紛失したと見られる。名簿には、全校児童291人の氏名と学年、クラスが記載されていた。

一方USBメモリは別の教員が校内で使用していたもので、持ち出しは禁止されていた。教員が同月24日に持ち出し、その後紛失したと見られるが、日時などは特定できていない。

授業や校内行事を撮影した写真817件が保存されており、児童182人が写っている。そのほか、児童20人分の作文なども含まれる。メモリにパスワードは設定していなかった。

(Security NEXT - 2015/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
小学校教諭が個人情報入りPC紛失、路上で居眠り中に - 大阪市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
高校で生徒の個人情報含む記録簿が所在不明 - 大阪府
支援学校で緊急連絡メールを誤送信 - 大阪
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
教員の私用メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性 - 滋賀県立大