Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィルタリング製品が不正なルート証明書を使用 - 秘密鍵が漏洩

Content Watchが提供するフィルタリングソフトの「Net Nanny」が、問題あるルート証明書を端末内にインストールすることがわかったとして、セキュリティ機関が注意を喚起した。不正なサイトを信頼したり、暗号化通信が盗聴されるおそれがある。

同製品は、通信を中継するプロクシとルート証明書を端末内にインストールするが、製品で共通の秘密鍵とルート証明書を使用。くわえて秘密鍵はソフト内部に平文で保存されており、取り出すことが可能だという。

同製品利用者は、この秘密鍵によって作成された自己署名証明書によるHTTPS通信を信頼してしまうため、フィッシングサイトに用いられたり、暗号化通信の盗聴などに悪用されるおそれがある。

セキュリティ機関は、「同7.2.4.2」において脆弱性を確認しており、他バージョンも影響を受けるおそれがあると指摘。

4月21日の段階で対策はわかっておらず、セキュリティ機関は、同製品においてSSLフィルタリングを無効にした上で、証明書ストアから問題の証明書を削除したり、同製品そのものをアンインストールするなど、回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み