Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OracleがCPUを公開 - 98件の脆弱性に対処

Oracleは、四半期ごとに公開している同社製品の定例アップデート「クリティカルパッチアップデート(CPU)」を公開した。

今回のアップデートでは、「Java SE」や「Oracle Database」「Oracle MySQL」をはじめ、15の製品グループに存在する脆弱性98件に対応した。

さらに「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Fusion Applications」「Oracle Hyperion」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Applications」「Oracle Retail Industry Suite」「Oracle Health Sciences Applications Suite」「Oracle Right Now Service Cloud」「Oracle and Sun Systems Products Suite」「Oracle Support Tools」などの修正が含まれる。

共通脆弱性評価システム「CVSS v2」でスコアが「7.0」以上の脆弱性は18件。同社では、脆弱性の悪用を防ぐため、テスト環境で動作を確認した上で早期にアップデートを適用するよう推奨している。

また今回のCPUをもって「Java SE 7」の公式アップデートが終了する。利用しているバージョンの確認を行ったうえで、最新版へ移行するよう求めている。

(Security NEXT - 2015/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ