Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「オフィス宅ふぁいる便」に機密漏洩の抑止機能など追加

オージス総研と大阪ガス行動観察研究所は、「上長承認機能」と「事後承認機能」を追加した「オフィス宅ふぁいる便」最新版を4月30日より提供開始する。

同サービスは、大容量ファイルの安全な送受信を実現する企業向けクラウドサービス。最新版では、ファイルの誤送信や不正送信を抑止する2種類の機能を追加した。

標準機能として提供する「事後承認機能」では、ファイルを送信すると事前に設定した上長に送信内容のコピーを送信する機能でファイルの不正利用を抑止する。

また上長承認機能をオプションとして用意。利用者がファイルを送信すると、事前に設定した上長に「内容確認依頼」を送信。上長承認後にファイルを送信する。

初期費用が2万1600円。100ユーザーで利用する場合、月額料金は1万8360円。上長承認機能は9180円。

(Security NEXT - 2015/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日立Sol、就業時間外にPCを利用させないソリューション - 指定時間にシャットダウン
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
デジタルアーツ、メール誤送信防止製品にLDAP連携機能
電話帳の一元管理と上長承認機能備えたファックスの誤送信対策ソリューション
個人情報検出ソフト「すみずみ君」が「InterSafe ILP」と連携 - 暗号化ファイルの検索が可能に
日本ワムネット、セキュリティ機能備えた大容量ファイル送信サービス
サイバーソリューションズ、クラウド型メールサービスに誤送信防止オプション
NTTソフト、メール誤送信防止ソフトに大容量ファイル転送オプションを追加