Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Rubyのソースコードを保護するソフトウェア

ソフトエイジェンシーは、Rubyのソースコードを読めないようエンコードする英Inovica製ソフトウエアの新版「RubyEncoder 2.2」を販売を開始した。

同製品は、「Ruby」のソースコードをバイトコード形式に変換し、コードを保護するソフトウェア。IPアドレスやMACアドレス、ドメイン名などが一致しないとアプリケーションをロックする機能も備えている。

最新版では「Ruby 2.1」「同2.2」に対応。またARM系CPUを搭載した組み込みLinuxにおいて、エンコードしたバイナリを動作させることが可能になったという。

(Security NEXT - 2015/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
新卒学生の個人情報含むPCを紛失 - ロイヤルHD
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処