Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞子会社に海外から不正アクセス - 購読者情報の流出については調査中

朝日新聞社の子会社である朝日トップスのシステムが不正アクセスを受けたことがわかった。同システムには購読者の個人情報が保存されており、現在調査を進めている。

不正アクセスを受けたのは、新聞購読の申し込みなどを受け付ける子会社。2月6日朝、システムが起動できなくなったため調査を行ったところ、不正アクセスを受けた痕跡が見つかった。不正アクセスの発信元は海外で、2014年12月中旬以降、数回にわたり行われていたと見られる。

攻撃を受けたシステムには、2008年以降に同社主催のイベントなどをきっかけに購読を申し込んだ約5万3000人分の氏名、住所、電話番号などが保存されていた。朝日新聞販売店の訪問営業による購読申込者は含まれない。

情報流出の有無については現在調査中だが、現時点で被害報告はないという。朝日新聞社などでは、関係者に対して書面で事情を説明する方針。

(Security NEXT - 2015/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正