Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天の注文確認メールを装う不審メールに注意

楽天市場を装ったスパムメールが多数報告されているとして、同社は注意喚起を行っている。

同社によれば、問題のメールに関する報告が2月10日より多数寄せられているという。メールの件名は「2015/02/10日付ご注文No.95193244」など、注文確認メールを装っており、送信元のメールアドレスは「myinfo@rakuten.co.jp」を偽装していた。

本来このメールアドレスは、利用者がパスワードや登録メールアドレスを変更した場合、同社が変更確認メールを送信する際に利用しているアドレス。注文に関するメールや添付ファイルの送信などに利用することはないと説明。無視するよう注意を呼びかけている。

「.rtf」形式のファイルをオンラインショップの請求書に見せかけて、送り付ける手口は、2014年12月ごろより確認されている。ファイル内のアイコンをクリックするとマルウェアをダウンロードし、中間者攻撃でオンラインバンキングの認証情報を騙し取るもので、セキュリティベンダーが危険性を指摘していた。

(Security NEXT - 2015/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も