Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブ閲覧時の「PCの性能が低下している」という警告画面に注意

「パソコンの性能が低下しています」などとメッセージを表示してユーザーの不安を煽り、偽ソフトを購入させる問題が引き続き発生している。

情報処理推進機構(IPA)によれば、「パソコンの性能が低下している」などとエラーの修正を促すメッセージが表示されるとの相談が、多数寄せられているという。

システムが発した警告画面を模したウェブサイトのコンテンツに対して、実際に勘違いして導入してしまうトラブルが生じているもの。こうしたソフトウェアのなかには、存在しない「エラー」を検出したように見せかけ、商品を購入させようとする悪質なケースもある。

2013年ごろ、マルウェアを検知したように見せかけ購入を迫る「偽セキュリティ対策ソフト」が出回り、脆弱性を悪用して侵入するなど社会問題化したが、2014年には沈静化。一方でユーザーに誤解を与えてインストールさせるケースは、2014年も継続して同機構に相談が寄せられている状況だという。

同機構は、エラーメッセージが出ても慌てず、不用意に表示をクリックしないよう説明。またソフトをインストールする際は、関係ない不要なソフトを同時にインストールさせるケースもあるとして、インストール時に表示される画面をしっかり確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
教育新聞が改ざん被害 - 誘導先でマルウェア感染や情報窃取のおそれ
「ウイルスでSIMカードが破損する」と脅す詐欺サイト - 偽アプリへ誘導
ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件
「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも