Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニ騙るフィッシングが再発 - 「無視すると永久閉鎖」と不安煽るも不自然な文章

スクウェア・エニックスを騙り、「ドラゴンクエストX」のアカウントを盗もうとするフィッシングメールが再び確認されている。

20150109ap_001.jpg
誘導先の偽サイト(画像:フィッシング対策協議会)

注意喚起を行ったフィッシング対策協議会によれば、問題のフィッシングメールは、「ドラゴンクエストX」のアカウント管理チームを名乗る手口。

「アカウントが部分的に制限されている」などと説明し、無視すると「アカウントが永久に閉鎖されます」といった内容で不安を煽り、メールに記載したリンクから偽サイトへ誘導する。

誘導先のサイトでは、正規のログイン画面に似せたフィッシングサイトとなっており、IDやパスワード、ワンタイムパスワードの入力を促す。

確認されているフィッシングメールは、「親愛なる選手!」にはじまり、「異常なログインに閉じたり」「部分的に制限されることを通知するために後悔している」など、日本語として不自然な部分が多く、機械翻訳などを用いて作成された可能性が高い。

1月8日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターにサイト閉鎖に向けた調査を依頼した。

同協会では、2014年12月にフィッシングの報告を500件以上受理しているが、オンラインゲームのフィッシング報告が増加傾向にあるとしており、報告の9割以上を占める状態となっている。

特定のブランドが執拗に狙われており、「ドラゴンクエストX」のフィッシングに関しても繰り返し発生。同協会では、類似したフィッシングサイトやメールを発見した際には連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も