Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

内閣府、「特定個人情報取扱ガイドライン」を公開

内閣府の特定個人情報保護委員会は、行政機関や地方公共団体向けの「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」を公開した。

同ガイドラインは、個人番号を含む特定個人情報の取り扱いに関する具体的な指針を策定したもの。

番号法では、特定個人情報について厳格な保護措置を設けており、保護措置は特定個人情報の「利用制限」「安全管理措置」「提供制限」に分けられている。

同ガイドラインではこれら保護措置について、行政機関や地方公共団体が遵守すべき指針を具体的に示したほか、特定個人情報ファイルを保有する際の事前通知や、保有する特定個人情報の開示、訂正、利用停止に関する規定を定めた。

ガイドラインの中で、「しなければならない」「してはならない」と記述されている事項は、従わなかった場合に法令違反と判断される可能性がある。

(Security NEXT - 2014/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査
個情委、個人情報流出で「Amazon」に行政指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
「リクナビ」問題で個人情報保護委員会に報告書 - 学生向け説明ページも
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加