Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アライドテレシス製ルータやスイッチに深刻な脆弱性 - 外部から攻撃可能、早急に対応を

アライドテレシス製ネットワーク機器にバッファオーバーフローの脆弱性が含まれていることがわかった。ネットワーク経由で任意のコードを実行される可能性があり、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

アライドテレシスの公表ページ
アライドテレシスの公表ページ

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、バージョンが「2.9.1-20」以前のファームウェアを搭載している「ARルータシリーズ」や「Alliedware」を採用しているスイッチに、深刻な脆弱性「CVE-2014-7249」が含まれていることが判明したもの。

「POSTメソッド」の処理に問題があり、HTTPリクエストによってバッファオーバーフローが発生、任意のコードを実行されるおそれがある。

情報処理推進機構(IPA)では、悪用された場合に影響が大きいと今回の脆弱性における危険性を指摘。

影響を受ける機器を保有していないか確認し、利用者はファームウェアのアップデート、HTTPサービスの無効化といった回避策の実施など、できるだけ早急に対策を講じるよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
Windows版「Evernote」にリモートよりコマンド実行が可能となる脆弱性
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
JPCERT/CCのログ可視化ツールにコードインジェクションなど複数脆弱性 - 修正版がリリース
複数の自己暗号化ドライブに脆弱性 - 復号化のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み