Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米Akamai、DDoS攻撃トラフィックの除去施設を日本に開設

米Akamai Technologiesは、DDoS攻撃対策を支援するあらたな「スクラビングセンター」を、日本国内に開設した。

同施設は、DDoS攻撃対策基盤として設置したもので、同社顧客のウェブサイトに対する不正なトラフィックの除去を目的としている。

同社によれば、アジア太平洋地域を発生源とするDDoS攻撃が増加しており、2014年第3四半期における発生源を国別に見ると、中国が20%、韓国が6%、日本が4%となり、アジアだけで3割を占める状況。同センターの開設により日本国内の顧客に対するパフォーマンスの向上を目指す。

具体的な対策としては、顧客のサイトに対する攻撃検知時に全トラフィックが同センターに転送。同センターでは、攻撃による悪質なトラフィックを除去し、正常なトラフィックを顧客のネットワークに転送することで、攻撃の影響を軽減する。

(Security NEXT - 2014/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
2月はDDoS攻撃が急増、前月の25倍に - 「memcached」が影響
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文