Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DLP市場規模は51億円、前年比19.9%増 - 今後導入増見込む

2013年における国内の情報漏洩対策(DLP)製品の市場規模は前年比19.9%増となる51億円だった。導入済み企業は4.7%だが、導入を検討している企業が3割にのぼり、導入意欲が高まりつつある。

IDC Japanが情報漏洩対策製品の国内市場動向を調査したもの。ネットワーク経由のデータ移動などを検出しブロックする「ネットワークDLP」、クライアントPCやサーバなどエンドポイント上の機密情報の操作を制御する「ホストDLP」、機密情報の格納場所をスキャンする「ディスカバリDLP」などの製品を対象に調査を行った。

20141120_ij_001.jpg
国内情報漏洩対策製品市場の売上予測(グラフ:IDC Japan)

2013年の市場規模は51億円で、前年比成長率は19.9%と堅調に推移した。同社が2014年1月に実施した調査において、製品導入率は4.7%にとどまり、同社は、導入費用や作業コスト、導入後の効果などが課題として挙げている。

一方で、部門での導入から始まり、全社に拡大するケースも多いという。導入を検討している企業は3割にのぼり、前年の調査と比較して9ポイント上昇している。

標的型攻撃の巧妙化やモバイルデバイスの利用拡大により、情報漏洩のリスクが今後さらに高まると分析。2013年から2018年にかけての年間平均成長率を13.3%と予測。2018年の市場規模は95億円に拡大すると見込んでいる。

(Security NEXT - 2014/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇