Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行政機関の個人情報漏洩は年間761件、前年度より減少

2013年度に行政機関で発生した個人情報漏洩は、前年比38件減となる761件だった。

総務省が、2003年度における行政機関や独立行政法人などの個人情報保護法に関する施行状況について調査し、取りまとめたもの。

2013年度に行政機関で発生した個人情報漏洩は761件。前年の819件から減少したが、300件から500件程度だった2010年以前と比べると高い水準で推移している。

1事故あたりの個人情報の件数は、82.5%は5人以下と小規模なものが中心だが、101件以上のケースが41件、そのうち10件は1001人以上の個人情報が含まれていた。

機関別に見ると、「国税庁」が486件で最多。「厚生労働省(77件)」「法務省(60件)」が続く。原因を見ると「誤送信、誤送付」が全体の64.1%と過半数を占め、23.8%で「紛失」が続く。インターネット上に流出したものは4件でそのうち1件はマルウェアが原因だった。

(Security NEXT - 2014/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ