Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むファイルを学生125人にメール送信 - 兵庫医科大

兵庫医科大学は、6年生40人の個人情報含むファイルを、1年生125人に誤ってメール送信したことを明らかにした。

10月14日、教務学生課の職員が、別の職員宛ての業務メールとして、6年生40人の個人情報含むExcelファイルを添付したメールを送信。その際に操作を誤り、1年生への連絡用として使用している一斉送信用のアドレスにも送信した。ファイルにパスワードは設定していなかったという。

誤送信したファイルには、学生の氏名、電話番号、性別のほか、保護者の氏名、住所、電話番号、続柄などが含まれていた。

誤送信の発生後、送信先の1年生に対しメールや電話などで誤送信したメールの削除を依頼。また個人情報が流出した学生やその保護者に対して、電話で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
メール送信先リストを誤ってメールへ添付 - マウスコンピューター
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
学生の個人情報添付メールを誤送信 - 東京都市大
府立高校でメールを誤送信、1文字誤り第三者へ - 大阪
メール開きマルウェア感染、個人情報流出の可能性 - 中電工
JTBの顧客情報約793万人分が外部流出か - 偽取引先メールでマルウェア侵入
情報流出報道に「2015年の攻撃であらたな流出ない」 - JR北海道
学生の成績情報含むファイルを誤送信 - 福岡女学院大