Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2014年2Qは25万件超のフィッシングを確認 - SNSで標的の情報収集も

マカフィーは、2014年第2四半期の脅威レポートを公開した。25万件を超えるフィッシングサイトを、あらたに確認したという。

同社によれば、同四半期に確認したフィッシングサイトのURL件数は、25万件を超えた。前四半期より微減したものの、ほぼ同水準で推移しており、上半期で50万件超となっている。

またフィッシングの手口についても、巧妙化が進んでいると分析。同じ内容のものを不特定多数に送り付けるのではなく、標的に関する情報をあらかじめ収集し、正規メールと思い込ませるよう内容をカスタマイズしているものも増えているという。

ソーシャルメディアの普及により、攻撃者による攻撃対象の情報収集が容易になっていると指摘。よく知っている相手や仕事を一緒にしている企業からのメールなど、個人や組織が特定でき、本物と思える要素が含まれている場合、メールを信じてクリックしてしまうおそれもあるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減