Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西日本のネット予約システムで一時障害 - 2200件に影響

7月25日未明、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」などで障害が発生し、一時予約の受付や変更、払い戻しなどができない状態となった。現在は復旧している。

20140725_je_001.jpg
「e5489」の説明ページ(JR西日本)

障害が発生したのは、インターネット予約サービス「e5489」や電話で予約を受け付ける「JR西日本電話予約」。

7月25日4時30分ごろにシステム障害が発生し、復旧する7時50分まで、切符の予約や変更、取り消しのほか、指定席券売機などによる切符の受け取りも行えない状況に陥った。予約内容を管理する機器の異常が原因だという。

電話予約に関しては受付時間の開始前だったため影響はなかったが、インターネット経由の手続きについては、2200件に影響があったという。同社では、別途払い戻しなどを行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーストサーバで長期障害、10日10時の時点では安定稼働 - データ消失や流出は否定
一部会員の登録情報が流出、システム障害で - トイ・ワイド友の会
難病患者支援事業で申請書の紛失や書き換えなど判明 - 愛知県
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
みずほ証券でシステム障害、オンライン取引やATM入出金に影響
福祉サービス利用者の個人情報を誤廃棄 - 観音寺市
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ