Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JR西日本のネット予約システムで一時障害 - 2200件に影響

7月25日未明、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」などで障害が発生し、一時予約の受付や変更、払い戻しなどができない状態となった。現在は復旧している。

20140725_je_001.jpg
「e5489」の説明ページ(JR西日本)

障害が発生したのは、インターネット予約サービス「e5489」や電話で予約を受け付ける「JR西日本電話予約」。

7月25日4時30分ごろにシステム障害が発生し、復旧する7時50分まで、切符の予約や変更、取り消しのほか、指定席券売機などによる切符の受け取りも行えない状況に陥った。予約内容を管理する機器の異常が原因だという。

電話予約に関しては受付時間の開始前だったため影響はなかったが、インターネット経由の手続きについては、2200件に影響があったという。同社では、別途払い戻しなどを行うなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2014/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
介護給付費などの通知書を誤送付 - 大阪市
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
さくらの一部サーバにDoS攻撃 - 2時間半にわたり接続障害