Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォルティ、SaaS型脆弱性検査サービスのベータテストを実施

ハートビーツは、子会社として「ウォルティ」を設立し、SaaS型脆弱性検査サービス「Walti.io」のベータテストを開始する。

同サービスは、オープンソースを利用した「セキュリティスキャナ」。ファイアウォールやミドルウェア、ウェブアプリケーションなどの脆弱性チェック機能を提供する。

オンデマンドにくわえ、定期的に自動で検査を行うことが可能。APIを用意しており、「Jenkins」をはじめ、インテグレーションツールツールとの連携に対応する。

同社では、クローズドのベータテストを実施し、サービス化を目指す考えで、現在テストユーザーを募集している。

(Security NEXT - 2014/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

凸版印刷とTIS、MSS展開で協業
改訂「Androidアプリセキュアコーディングガイド」が公開 - 「Android 8.0」に対応
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら
ジャコーレ、イスラエルのセキュリティ企業Bavilonと提携
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」 - DTRS
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA