Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPRS、IT専門家向けに「勝手TLD」の名前衝突確認や抑止対策を紹介したガイド

日本レジストリサービス(JPRS)は、組織内で用いられている「勝手TLD」と「gTLD」が衝突するリスクが指摘されている問題で、ICANNが公開している文書の日本語版「IT専門家のための名前衝突の確認および抑止方法ガイド」を公開した。

新gTLDの導入にともない、組織内において利用している既存のドメイン名がインターネット上のドメイン名と衝突してしまう「名前衝突」の問題が懸念されていることから、同社では、啓発活動の一環としてICANNが公開している「Guide to Name Collision Identification and Mitigation for IT Professionals」を日本語へ翻訳、公開したもの。

同社では、日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)の「新gTLD大量導入に伴うリスク検討・対策提言専門家チーム」へ参加、問題の検討や周知活動を展開している。

(Security NEXT - 2014/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
「Dropbox」のAPI経由で命令受ける「Dropapibot」 - 国内を標的に展開
迷惑メールフィルタの不具合で受信メール約1030万件が消失 - ソフトバンク
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
IoTボット、感染対象を「Apache Struts 2」やセキュリティ製品にも拡大
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影