Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「総務省統計局」を装った不審メールに注意 - 情報収集が目的か

20140416_ss_001.jpg

「総務省統計局」や独立行政法人の「統計センター」を装った不審メールが流通しているとして、総務省などが注意を呼びかけている。

「統計調査」を装った不審メールの送信元は「統計センター所長」を名乗っており、「消費傾向統計調査」を実施しているなどと説明。「10万円支給するので使い道を報告してほしい」などと対応を促すという。

メールには、実際に総務省統計局が実施している調査の広報資料を無断転用した画像ファイルが添付されていた。

「統計センター」には、メールの記載にある職員は所属しておらず、メールのような調査も実施していない。総務省では、受信したメールの添付ファイルを開いたり、返信を行わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
「恥ずかし動画公開」詐欺メール、9月中旬以降に大量送信7回 - 被害額は約250万円超か
日本気象協会の偽メールに注意 - 災害で不安煽りURLや添付ファイル開かせる手口
「秘密の生活、友人にばらす」と脅すメールが国内で流通 - 英文スパムを翻訳か
「WordPress」の管理者アカウント狙うフィッシング - DB更新口実に誘導