Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「総務省統計局」を装った不審メールに注意 - 情報収集が目的か

20140416_ss_001.jpg

「総務省統計局」や独立行政法人の「統計センター」を装った不審メールが流通しているとして、総務省などが注意を呼びかけている。

「統計調査」を装った不審メールの送信元は「統計センター所長」を名乗っており、「消費傾向統計調査」を実施しているなどと説明。「10万円支給するので使い道を報告してほしい」などと対応を促すという。

メールには、実際に総務省統計局が実施している調査の広報資料を無断転用した画像ファイルが添付されていた。

「統計センター」には、メールの記載にある職員は所属しておらず、メールのような調査も実施していない。総務省では、受信したメールの添付ファイルを開いたり、返信を行わないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール