Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、全府省庁が参加で「3・18(サイバー)訓練」を実施

政府は、巧妙化するサイバー攻撃へ備えるため、複数の政府機関を標的としたサイバー攻撃を想定した緊急対処訓練を3月18日に実施した。

「3・18(サイバー)訓練」と銘打って実施された今回の訓練では、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)をはじめとする全府省庁の関係者や、重要インフラ事業者と連携し、情報共有や訓練を行った。

またサイバー攻撃などセキュリティインシデント発生時、横断的に被害機関を支援する政府の情報セキュリティ緊急支援チーム「CYMAT(Cyber Incident Mobile Assistant Team)」のメンバーにより、模擬操作の緊急対処訓練を実施している。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
QNAP製NASを狙うマルウェアに警戒を - 世界で約6.2万台が感染
露「APT29」、ワクチン情報狙いサイバー攻撃か - 2018年の国内検知マルウェアとも関連
米政府、連邦機関に「Windows Server」脆弱性対策を緊急指令
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す