Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、全府省庁が参加で「3・18(サイバー)訓練」を実施

政府は、巧妙化するサイバー攻撃へ備えるため、複数の政府機関を標的としたサイバー攻撃を想定した緊急対処訓練を3月18日に実施した。

「3・18(サイバー)訓練」と銘打って実施された今回の訓練では、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)をはじめとする全府省庁の関係者や、重要インフラ事業者と連携し、情報共有や訓練を行った。

またサイバー攻撃などセキュリティインシデント発生時、横断的に被害機関を支援する政府の情報セキュリティ緊急支援チーム「CYMAT(Cyber Incident Mobile Assistant Team)」のメンバーにより、模擬操作の緊急対処訓練を実施している。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
米朝首脳会談の影響で韓国に対する攻撃が増加 - 周辺国関連組織が関与か
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
大阪商工会議所ら、中小企業狙うサイバー攻撃を実態調査 - 通信データ収集分析
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに