Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダウンローダー型トロイの木馬「Waski.A」が最多 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETがまとめた国内の1月のマルウェアランキングを公開した。

同レポートによれば、1月はトロイの木馬「Win32/TrojanDownloader.Waski.A」が前月に引き続き最多だった。全体に占める割合は、前月の6.8%から12%に上昇している。同マルウェアは、ダウンローダーで2つのURLを保持しており、そこから不正なファイルをダウンロードして実行を試みるという。

これ以外にも、ダウンローダー型のトロイの木馬は、3位に「Win32/TrojanDownloader.Waski.B」、4位に「Win32/TrojanDownloader.Wauchos.Z」、6位に「Win32/Wigon.PH」、8位に「Win32/TrojanDownloader.Wauchos.X」がランクインするなど多数検知されている。

また感染PCで特定のキーワードを検索すると、キーワードに関連するアドウェアが仕掛けられたサイトを表示させる「Win32/Boaxxe.BE」の感染が2013年11月から増加している。1月にピークを迎え、ランキングを見ると前月の4位から2位に上昇した。全体に占める割合も2.9%から5.9%に増加している。

ESETがまとめた1月のマルウェアランキングトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/TrojanDownloader.Waski.A
2位:Win32/Boaxxe.BE
3位:Win32/TrojanDownloader.Waski.B
4位:Win32/TrojanDownloader.Wauchos.Z
5位:SWF/Exploit.Agent.FE
6位:Win32/Wigon.PH
7位:HTML/Iframe.B.Gen
8位:Win32/TrojanDownloader.Wauchos.X
9位:Win32/Injector.AUZX
10位:Win32/Sirefef.GAINF/Autorun.Sz

(Security NEXT - 2014/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」