Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ダウンローダー型トロイの木馬「Waski.A」が最多 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETがまとめた国内の1月のマルウェアランキングを公開した。

同レポートによれば、1月はトロイの木馬「Win32/TrojanDownloader.Waski.A」が前月に引き続き最多だった。全体に占める割合は、前月の6.8%から12%に上昇している。同マルウェアは、ダウンローダーで2つのURLを保持しており、そこから不正なファイルをダウンロードして実行を試みるという。

これ以外にも、ダウンローダー型のトロイの木馬は、3位に「Win32/TrojanDownloader.Waski.B」、4位に「Win32/TrojanDownloader.Wauchos.Z」、6位に「Win32/Wigon.PH」、8位に「Win32/TrojanDownloader.Wauchos.X」がランクインするなど多数検知されている。

また感染PCで特定のキーワードを検索すると、キーワードに関連するアドウェアが仕掛けられたサイトを表示させる「Win32/Boaxxe.BE」の感染が2013年11月から増加している。1月にピークを迎え、ランキングを見ると前月の4位から2位に上昇した。全体に占める割合も2.9%から5.9%に増加している。

ESETがまとめた1月のマルウェアランキングトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/TrojanDownloader.Waski.A
2位:Win32/Boaxxe.BE
3位:Win32/TrojanDownloader.Waski.B
4位:Win32/TrojanDownloader.Wauchos.Z
5位:SWF/Exploit.Agent.FE
6位:Win32/Wigon.PH
7位:HTML/Iframe.B.Gen
8位:Win32/TrojanDownloader.Wauchos.X
9位:Win32/Injector.AUZX
10位:Win32/Sirefef.GAINF/Autorun.Sz

(Security NEXT - 2014/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起