Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

筆まめ、PDF作成ソフト「Foxit PhantomPDF 6シリーズ」をリリース

筆まめは、PDF作成ソフト「Foxit PhantomPDF 6シリーズ」を3月7日より販売開始する。

同シリーズは、PDFビューア「Foxit Reader」のエンジンを搭載したPDF作成ソフト。PDFの作成や編集機能のほか、ファイルの暗号化や手書き署名、電子署名の追加および検証など、セキュリティ機能を備えている。

ダウンロード版を先行して発売し、パッケージ版についても3月14日より提供を開始する。価格は、「Foxit PhantomPDF 6 Business Edition」が1万3545円、「Foxit PhantomPDF 6 Standard Edition」が9345円。

他社PDF関連ソフトからの「乗り換え専用パッケージ」も限定で提供するほか、ボリュームディスカウント製品も用意している。

(Security NEXT - 2014/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
「Adobe Acrobat/Reader」既知脆弱性の実証コードが公開
前版より約10日、「Ghostscript」が再修正 - アップデートを強く推奨
深刻な脆弱性に対処した「Ghostscript 9.24」が前倒しで公開 - アップデートを強く推奨
「Ghostscript」脆弱性、悪用コード公開済み - 修正版は9月後半
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料