Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住信SBIネット銀、Androidアプリによる振込認証機能を追加

住信SBIネット銀行は、同社のオンラインバンキングサービスの利用者向けに、スマートフォンを利用した振込時の認証サービスの提供を開始した。

今回導入した「スマート認証」は、振込においてAndroid向けアプリを用いた認証を追加できるサービス。振り込み時の認証方法として「スマート認証」を選択することで、スマート認証アプリによる承認が必要となり、振込内容などを改変する「マンインザブラウザ攻撃」などを防止する。

アプリからは承認前に取引内容を確認できるほか、最新の取引履歴を最大10件まで表示できる。プライバシー保護のためロックをかけることも可能。アプリはGoogle Playから無料でダウンロードできる。

同サービスのシステムは、インターネットイニシアティブ(IIJ)がクラウドサービス「IIJ GIO」で構築。認証システムにはイーロックジャパンの多要素認証システムである「TheGRID Beacon」を採用した。

(Security NEXT - 2014/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
「Android セキュアコーディングガイド」に中国語版 - JSSEC
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
登録者の個人情報77万件が流出 - 「アンとケイト」
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減