Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ競技会「SECCON」、オンライン予選の参加者を募集開始

セキュリティ技術を争う国内最大の競技大会「SECCON 2013」では、オンライン予選の参加者を募集開始した。すでに地方予選は終了しており、全国大会の出場権を賭けた最後の予選となる。

「SECCON 2013」は、年齢関係なくだれでも参加できるセキュリティ競技会。地方予選により決勝進出者が決定しており、今回開催される2014年1月のオンライン予選会を経て、勝ち抜いた20組が2014年3月の全国大会で激突する。

オンライン予選では、特に参加資格は設けられておらず、地域やチームの人数などに関わらず、インターネット経由でだれでも参加することが可能。2014年1月25日正午より翌26日の正午まで24時間に、出題された約25問を回答する。上位10チームに、全国大会への出場権が与えられる。

出題ジャンルは、「フォレンジックス」「プログラミング」「暗号」「バイナリ」「ネットワーク」「ウェブ」などを予定している。参加登録は、2014年1月24日正午まで。

(Security NEXT - 2013/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始