Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ競技会「SECCON」、オンライン予選の参加者を募集開始

セキュリティ技術を争う国内最大の競技大会「SECCON 2013」では、オンライン予選の参加者を募集開始した。すでに地方予選は終了しており、全国大会の出場権を賭けた最後の予選となる。

「SECCON 2013」は、年齢関係なくだれでも参加できるセキュリティ競技会。地方予選により決勝進出者が決定しており、今回開催される2014年1月のオンライン予選会を経て、勝ち抜いた20組が2014年3月の全国大会で激突する。

オンライン予選では、特に参加資格は設けられておらず、地域やチームの人数などに関わらず、インターネット経由でだれでも参加することが可能。2014年1月25日正午より翌26日の正午まで24時間に、出題された約25問を回答する。上位10チームに、全国大会への出場権が与えられる。

出題ジャンルは、「フォレンジックス」「プログラミング」「暗号」「バイナリ」「ネットワーク」「ウェブ」などを予定している。参加登録は、2014年1月24日正午まで。

(Security NEXT - 2013/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
大学生向けにRSAのCTF型セキュリティ演習を提供 - デルら
「Trend Micro CTF 2019」が開催 - オンライン予選は9月
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達