Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性を修正する「Adobe Flash Player」のアップデート - ゼロデイ攻撃が発生中

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。ゼロデイ攻撃が確認されており、「Windows」および「Mac OS X」は、72時間以内にできるだけ早く適用するよう推奨している。

20131211as_001.jpg
アップデートを公開したAdobe Systems

今回のアップデートは、2件の脆弱性「CVE-2013-5331」「CVE-2013-5332」を修正するアップデート。

「Windows」や「Mac OS X」「Linux」のほか、「Adobe AIR」に影響がある。脆弱性が悪用された場合、システムがクラッシュし、端末の制御を奪われるおそれがある。

なかでも「CVE-2013-5331」については、すでに脆弱性を攻撃するよう細工したFlashファイルが埋め込まれたWordファイルが流通しているとの報告を、同社では受けているという。

同社は、WindowsおよびMac向けに最新版となる「同11.9.900.170」を提供。さらに最新版へアップデートできないユーザー向けに「同11.7.700.257」を提供する。またLinuxユーザーには「同11.2.202.332」、「Adobe AIR」については「同3.9.0.1380」を公開した。

「Chrome」や「Internet Explorer 10」以降に同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応する。

適用優先度を見ると、「Windows」および「Mac OS X」については3段階中もっとも高い「1」としており、同社では72時間以内にできる限り早くアップデートするよう推奨。「Linux」や、「Adobe AIR」については3段階中もっとも低い「3」としている。

(Security NEXT - 2013/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性