Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECフィールディング、マネージドサービスのウイルス対策を強化 - 大規模企業にも対応

NECフィールディングは、クライアントパソコンのIT資産やセキュリティを管理するマネージドサービス「iQQsam」の機能を強化し、ウイルス対策機能を追加した。

今回あらたに追加した「iQQsam Anti-Virus powered by Trend Micro」は、トレンドマイクロの「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービス」と運用管理サービスをパッケージ化したサービス。

同社では従来より小規模事業者向けにウイルス対策サービスを展開してきたが、同サービスの追加により、300台から1万台程度まで対応が可能となった。顧客と同社でウイルス対策状況の情報を共有。同社でウイルス対策の状況を監視するほか、顧客からも専用ポータルサイトから対策状況を確認することができる。

また初期導入作業のサポートや定義ファイル適用状況レポートなども提供する。月額利用料は、1クライアントあたり600円から。同社では、今後3年間に3億円の売上を目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2013/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
5月末にトネリングによる「RDP」接続が急増
【特別企画】EDRでも把握できない「異常」を可視化するソリューションを検証
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害