Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PlayStation 4」をエサに個人情報を騙し取るフィッシング詐欺が発生

新型の家庭用ゲーム機が発売されたことに便乗し、個人情報を騙し取るフィッシング詐欺が発生している。

米国において、発売されたばかりの「PlayStation 4」や、今後発売される「Xbox One」の人気に便乗し、懸賞に見せかけて情報を窃取するフィッシング詐欺を、米Trend Microが観測したもの。

同社が確認した攻撃では、懸賞の賞品としてゲーム機があたるなどと騙し、「Facebook」をはじめとするSNSページへ誘導。「いいね」や「シェア」を獲得することで高い評価を演出し、他ユーザーへ情報を拡散させるとともに、アンケートへ誘導し、氏名やメールアドレスなどを騙し取る。

11月15日に発売された「PlayStation 4」の便乗攻撃が確認されており、今後「Xbox One」がリリースされれば、同様の攻撃が行われると同社では予想している。

ゲーム機に限らず、「iPhone」「iPad」「Google Glass」など注目度が高い製品は、これまでも同様にフィッシング詐欺でユーザーを偽サイトへ誘い込むために利用されており、同社ではオンラインの懸賞にはつねに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング