Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも

トレンドマイクロは、アノニマスが日本を標的とした攻撃を予告しているとして、注意を呼びかけている。

アノニマスを名乗る活動家が、日本の政府機関や関連組織を対象としたサイバー攻撃を行うことを宣言する文書を公開したことから、セキュリティ対策を呼びかけたもの。

8月に韓国のアノニマスが日本に対して攻撃すると公表したり、9月には「#OpLeakageJP」がアナウンスされるなど、2013年に入り、これまでもたびたび攻撃を宣言しているが、これまで目立った被害は発生していない。しかし、トレンドマイクロによれば、今回の攻撃は様相が異なるという。

11月5日に「ガイフォークスの日」を迎えており、ガイフォークスの仮面を被るアノニマスにとって同月は特別な月として積極的に活動を展開されていると同社は指摘。今回の作戦は「OpKillingBay」のひとつと見られ、大規模な攻撃に発展する可能性が高いと分析している。

また、大規模攻撃が行われた場合、便乗した攻撃も発生し、規模がより大きくなる可能性もあると説明。標的とされている組織以外でも、DDoS攻撃やウェブサイトの改ざんなど被害を受けるおそれがあるとして、ネットワークを監視したり、基本的なセキュリティ対策が実施されていることをあらためて確認することなど、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
厚生労働省のサイトが閲覧できない状態に
DDoS攻撃で停止した日産サイト、6日ぶりに復旧
厚労省のウェブサイトにDDoS攻撃 - 一時停止
アノニマスによる攻撃で朝鮮新報の登録者情報が流出
活動家によるサイバー攻撃被害、情報公開のバランスが重要 - ラック伊東氏
Apple端末のユーザー情報1200万件が流出の可能性 - 活動家が一部公開
【書籍】アノニマスなど台頭する「ハクティビズム」の実情に迫る新書が登場
お茶目な「アノニマスたん」は存在しない - 狙いは「霞ヶ関」ではなく「脆弱性」