Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 3.7」が公開 - アップデートの自動適用に対応

人気コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の最新版が公開された。セキュリティアップデートなどが公開された場合など、自動的にアップデートを適用できるようになった。

今回公開されたメジャーバージョンアップ「WordPress 3.7(Basie)」では、検索やローカライズ面の機能向上にくわえ、セキュリティ面を大幅に強化。自動的にアップデートを行う「自動バックグラウンド更新機能」や、利用者に強固なパスワードの利用を促す「パスワードメーター」を追加した。

「自動バックグラウンド更新機能」では、アップデート機能の信頼性と安全性を向上させ、システムで利用する「コアファイル」をはじめ、「プラグイン」や「テーマ」「翻訳ファイル」の自動更新に対応。人手を介さずに脆弱性の修正などを行えるため、セキュリティ専門家からも注目を集めている。

デフォルトの状態では、コアファイルにおける小数点2位以下のマイナーアップデートや翻訳ファイルの自動アップデートに対応。必要に応じてオフにできるほか、コアファイルの更新では、開発版の更新やメジャーアップデートの自動更新にも対応できる。

日本語版の提供も開始されているが、現在の仕様では、コアファイルのアップデートは英語版が適用される。「readme.html」など一部ファイルが英語版に置き換えられるが、日本語表示など機能に影響を与えることはないとしている。

(Security NEXT - 2013/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ
DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認