Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WordPress 3.7」が公開 - アップデートの自動適用に対応

人気コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「WordPress」の最新版が公開された。セキュリティアップデートなどが公開された場合など、自動的にアップデートを適用できるようになった。

今回公開されたメジャーバージョンアップ「WordPress 3.7(Basie)」では、検索やローカライズ面の機能向上にくわえ、セキュリティ面を大幅に強化。自動的にアップデートを行う「自動バックグラウンド更新機能」や、利用者に強固なパスワードの利用を促す「パスワードメーター」を追加した。

「自動バックグラウンド更新機能」では、アップデート機能の信頼性と安全性を向上させ、システムで利用する「コアファイル」をはじめ、「プラグイン」や「テーマ」「翻訳ファイル」の自動更新に対応。人手を介さずに脆弱性の修正などを行えるため、セキュリティ専門家からも注目を集めている。

デフォルトの状態では、コアファイルにおける小数点2位以下のマイナーアップデートや翻訳ファイルの自動アップデートに対応。必要に応じてオフにできるほか、コアファイルの更新では、開発版の更新やメジャーアップデートの自動更新にも対応できる。

日本語版の提供も開始されているが、現在の仕様では、コアファイルのアップデートは英語版が適用される。「readme.html」など一部ファイルが英語版に置き換えられるが、日本語表示など機能に影響を与えることはないとしている。

(Security NEXT - 2013/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大