Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、「フォレンジック・ラボ」を設立 - マルウェア解析や証跡保全技術を研究

NTTデータは、サイバー攻撃による被害や手法などを特定する専門組織として「フォレンジック・ラボ」を設立した。

同組織は、マルウェア解析技術や証跡保全など、デジタルフォレンジック分野における研究開発を進め、インシデント発生時に残された痕跡を分析することでサイバー攻撃の手法や被害を特定。従来サービスとあわせて復旧、法対応まで、総合的なサービスを提供する。

インシデント発生時における被害拡大の抑制や事業継続、説明責任、再発防止対策など企業活動をサポートするほか、高度化するサイバー攻撃や被害の防止が難しい内部犯行への対策、グローバル企業が求められるeDiscovery法対応といった課題を持つ企業の需要に応える。

同社では、同ラボの設立によりトータルマネージドセキュリティーサービスを強化。2016年には、グローバル市場で100億円の売り上げを目指して事業を展開していくという。

(Security NEXT - 2013/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
カスペ、サイバー攻撃対応のゲーム大会を開催 - オンラインでも参加可能
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も