Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで「NAVERアカウント」169万件が漏洩 - 「LINE」への影響は否定

LINEが運営する「NAVERサービス」の会員情報が、不正アクセスにより外部へ流出した可能性があることがわかった。

20130719_li_001.jpg
不正アクセスを公表したLINE

同社によれば、7月17日21時前から翌18日11時にかけてアカウントを管理するサーバが不正アクセスを受けたという。

同社では、同日20時に対象サービスをメンテナンスモードに切り替え、全アカウントのログインを遮断。一部サービスを停止した。

攻撃を受けたサーバ内には、攻撃者によってファイルが生成されており、国内向けに展開する「NAVERサービス」のアカウント169万2496件が外部へ流出した可能性がある。メールやアカウント名のほか、ハッシュ化されたパスワードが含まれる。

影響を受けるサービスは、「NAVERまとめ」「Nドライブ」「NAVER Photo Album」「pick」「cafe」。7月19日16時時点で、流出した情報の不正利用や顧客情報の改ざんなどは確認されていない。同社が運営するSNSサービス「LINE」やポータルサイト「livedoor」への影響については否定した。

同社では今回の不正アクセスを受けて、あらたにパスワードの設定機能を設置。流出した可能性のある利用者へパスワードの再設定を呼びかける。

また流出した情報が他社サイトへの不正アクセスに用いられる可能性があり、アカウント情報を使い回しているユーザーに対し、他サイトのパスワードなどを変更するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2013/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開