Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スクエニを騙るフィッシングメールに注意 - 正規メールの文面を悪用

スクウェア・エニックスは、アカウント情報を詐取するフィッシングメールがさらに巧妙化しているとして注意を呼びかけている。

以前から同社では、アカウント管理システムを偽装したフィッシングサイトに誘導し、会員情報を詐取しようとするメールについて注意を喚起しているが、より巧妙化が進んでいる。

フィッシングメールのバリエーションとしては、これまで「不審なアクセスを検知した」「利用規約違反があった」「課金・契約による問題が発生した」といった内容が確認されている。同内容の正規メールが存在しており、文面を転用されているという。

メールの送信元も正規のメールアドレスに偽装。文中に表示されるURLも正規URLだが、HTMLメールで実際には詐欺サイトへリンクされている。

またアクセス先となる詐欺サイトでは、類似ドメインを悪用。これまでもハイフンを抜かしたり、「i」を「l」や「j」と入れ替えるといったドメイン「square-enlx」や「square-enjx」が利用されており、注意深く確認しないと見落とす可能性がある。

同社では、アクセス先のURLを確認することや、EV SSL証明書のサイト運営者の組織名を確認するなどログイン時の対策に挙げている。

またこれらは偽装工作の一例で、今後もさまざまな偽装が行われる可能性がある。不審なメールが無差別に送信されており、会員以外に対しても注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意