Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護保険料変更通知書88人分を誤送付、発送前の最終確認怠る - さいたま市

さいたま市は、介護保険料の変更通知書を88人に郵送した際、誤って別人の書類を同封して送付する事故があったことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、死亡や転出により介護保険料が減額された被保険者やその家族に送付した変更通知書。

死亡した被保険者の氏名、住所、性別、生年月日、被保険者番号が記載された「相続人代表者指定届」60通、転出した被保険者の被保険者番号が記載された「介護保険料口座振込依頼書」28通を別人に郵送した。

7月1日に郵送したところ、翌日より通知を受け取った家族から誤送付を指摘する電話が相次ぎ、問題が判明した。発送前の最終確認作業を実施せずに郵送したことが原因と説明している。同市では、関係者へ電話で謝罪するとともに、書類の回収と差し替えを実施するという。

(Security NEXT - 2013/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 名古屋のヨガスタジオ
メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学
教員採用試験志願者のメアド流出、誤送信対策一部対象外で - 岐阜県