Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

介護保険料変更通知書88人分を誤送付、発送前の最終確認怠る - さいたま市

さいたま市は、介護保険料の変更通知書を88人に郵送した際、誤って別人の書類を同封して送付する事故があったことを明らかにした。

誤送付が発生したのは、死亡や転出により介護保険料が減額された被保険者やその家族に送付した変更通知書。

死亡した被保険者の氏名、住所、性別、生年月日、被保険者番号が記載された「相続人代表者指定届」60通、転出した被保険者の被保険者番号が記載された「介護保険料口座振込依頼書」28通を別人に郵送した。

7月1日に郵送したところ、翌日より通知を受け取った家族から誤送付を指摘する電話が相次ぎ、問題が判明した。発送前の最終確認作業を実施せずに郵送したことが原因と説明している。同市では、関係者へ電話で謝罪するとともに、書類の回収と差し替えを実施するという。

(Security NEXT - 2013/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
食品安全イベントの案内メールで誤送信 - 富山県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 神戸市外郭団体
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市