Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Microsoft装うフィッシングや詐欺メールが出回る - 「Windowが使用不能になる」と煽る内容

Microsoftを装ったフィッシングメールや、同社主催などとする架空のくじの当選通知メールなどが出回っている。

Kaspersky Labが公開した5月のスパムレポートで明らかにしたもの。同社によれば、Microsoftを騙ったフィッシングメールや詐欺メールが多数出回っているという。

問題のメールは、ユーザーがアップデートを行わなかったため「Microsoft Window」が使用不能になるとして、早急にメール内のリンクをクリックして確認するよう促す内容。よく見ると「Windows」が「Window」となっており、リンク先は個人情報の詐取を試みるフィッシングサイトだった。

また架空のくじの当選通知メールも発生している。「Microsoft主催」などと騙し、詳細情報を教えるとして連絡するよう誘導するものや、多額の賞金が当選したとして、受け渡し費用を騙し取る手口なども確認された。

有名企業を騙るメールは、これから夏の休暇シーズンに向けてさらに増加することが予測されるとして、同社では注意を促している。

(Security NEXT - 2013/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか