Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Microsoft装うフィッシングや詐欺メールが出回る - 「Windowが使用不能になる」と煽る内容

Microsoftを装ったフィッシングメールや、同社主催などとする架空のくじの当選通知メールなどが出回っている。

Kaspersky Labが公開した5月のスパムレポートで明らかにしたもの。同社によれば、Microsoftを騙ったフィッシングメールや詐欺メールが多数出回っているという。

問題のメールは、ユーザーがアップデートを行わなかったため「Microsoft Window」が使用不能になるとして、早急にメール内のリンクをクリックして確認するよう促す内容。よく見ると「Windows」が「Window」となっており、リンク先は個人情報の詐取を試みるフィッシングサイトだった。

また架空のくじの当選通知メールも発生している。「Microsoft主催」などと騙し、詳細情報を教えるとして連絡するよう誘導するものや、多額の賞金が当選したとして、受け渡し費用を騙し取る手口なども確認された。

有名企業を騙るメールは、これから夏の休暇シーズンに向けてさらに増加することが予測されるとして、同社では注意を促している。

(Security NEXT - 2013/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員にフィッシング攻撃、個人情報流出の可能性 - NHK
偽メルカリに注意 - 4月23日の「振込申請ルール変更」に便乗
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
ゲームアイテムの購入明細を装うフィッシングに注意
「ゆうちょ銀」の偽サイトに注意 - 「合言葉」など詐取
「LINE」装う時間指定フィッシングが再発 - 攻撃者の始業時間が1時間早まる?
Visaカード発行事業者装うフィッシングに注意
アカウント情報狙う偽「PayPal」に注意 - 短縮URLを悪用
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導