Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲームサイト「NCSOFT」装うフィッシング攻撃 - 他社漏洩事件に便乗

オンラインゲームポータル「NCSOFT」を装ったフィッシング攻撃が発生している。「本人確認のため」などユーザーをだまして偽サイトへ誘導、アカウント情報を詐取するもので、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「NCSOFT 認証キー発行のご案内‏」といった件名で送信されているもの。他社オンラインサービスで数千万件規模の流出が発生しているなどと不安を煽り、本人確認のための認証メールであるとして不正サイトへ誘導する。

メールの本文上では、正規サイトのURLを表示しているが、HTMLメールによる偽装。クリックしてしまうと「http://ncsoft.jp.account.●●●●.pw/」など偽サイトへ誘導される。

不正サイトへの誘導は、メールのほか、掲示板や攻略情報サイトなどでも行われる可能性があると同協議会では指摘。注意を喚起するとともに、類似した攻撃を発見した場合は、同協議会へ通報してほしいと利用者へ呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力