Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハイパーギア、SharePoint 2013に対応した漏洩対策製品

ハイパーギアは、SharePoint上で共有するドキュメントを保護する「ファイルプロテクト for SharePoint 2013」および「画面プロテクト for SharePoint 2013」を、5月15日より提供開始する。

「ファイルプロテクト」は、PDFファイルを、DRM技術により保護する製品。持出禁止や印刷禁止、有効期間の設定、パスワードの付与が可能。ユーザーやグループごとにポリシーを設定できる。価格は300ユーザーまで105万円。ユーザー数無制限の場合は、262万5000円。

画面プロテクトは、ブラウザで表示したドキュメントのコピーや印刷、画面キャプチャなどを防止する製品。ユーザーやグループ、ドキュメントライブラリごとにポリシーを設定できる。価格は、ウェブフロントサーバ1台あたり105万円。

いずれも専用サーバ不要で、SharePoint Foundation 2013およびSharePoint Server 2013に対応している。

(Security NEXT - 2013/04/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デル、DRMソリューション「Dell Data Protection | Secure Lifecycle」をリリース
組織内向け機能に絞った「FinalCode」の新エディション
「iPhone」向けセキュア配信を実現 - Jストリーム
ハイパーギア、SharePoint用PDFファイル制御ツールを発売
AndroidやiOS向けのDRMソリューションを発売 - サイファー・テック
外部へ送信したファイルの利用権限を変更できる漏洩対策製品 - NTTコム
日立情報。SaaS型文書共有サービスを開始 - 韓FasooのDRM技術を活用
アドビとキヤノンITS、DRMのSaaS型サービスで協業
組織の文書セキュリティを実現するDRM製品を2010年より日本で展開 - 韓Fasoo.com
DRM暗号技術を活用した新型インフルエンザ対策ソリューション - ハイパーギア