Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

券売所で盗難、金品とともに利用者の個人情報も被害 - 神戸電鉄

神戸電鉄湊川駅の定期券販売所で盗難事件が発生し、現金とともに利用者の個人情報332件が被害に遭っていたことがわかった。

現金やプリペイドカードなど、約1886万円にのぼる盗難事件が券売所で発生したもので、被害状況を調査したところ、個人情報なども被害に遭っていたことが判明した。

被害に遭ったのは2人の氏名、住所、連絡先が記載された「再発行受領控兼不良カード整理簿」および氏名が記載された敬老無料乗車券引換券と受領書330件。同社では、連絡先が判明している2人に対し、訪問して直接謝罪したという。

(Security NEXT - 2013/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報が金庫ごと盗難 - お好み焼き専門店
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市