Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス対策ソフトの更新通知」装うウイルスメール - 狙われる日本企業

シマンテックは、著名なウイルス対策ソフトの更新通知を偽装し、ウイルスメールを送りつける手口が発生しているとして注意を呼びかけている。

比較的古い手法で最近は利用されなくなっていたが、同社では、国内電力会社や大手企業を対象に送信するケースを確認し、再び流通しているとして注意を呼びかけた。

メールでは、ライセンス契約の更新案内を装い、zipファイルを添付。内部のファイルは「.doc.exe」という拡張子で、アイコンをWordファイルに偽装した実行ファイルだった。実行するとバックドア「Backdoor.Trojan」を展開し、外部サーバに接続。情報漏洩などの被害に遭う可能性がある。

同社では、複数の航空会社に送られた別の詐欺メールも同じメールアドレスから送信されており、日本企業を標的としている可能性が高いと分析。受信企業の事情にあわせ、メールに航空機関連の情報を盛り込む一方で「.doc.exe」を使う手口は同様だった。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
園芸振興センターの会員情報が流出、一時ダークウェブ上に - 宝塚市
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
「プレミアム・アウトレット」の一部メルマガ会員情報が流出か - 使い回しパスワードに注意を
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構