Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルス対策ソフトの更新通知」装うウイルスメール - 狙われる日本企業

シマンテックは、著名なウイルス対策ソフトの更新通知を偽装し、ウイルスメールを送りつける手口が発生しているとして注意を呼びかけている。

比較的古い手法で最近は利用されなくなっていたが、同社では、国内電力会社や大手企業を対象に送信するケースを確認し、再び流通しているとして注意を呼びかけた。

メールでは、ライセンス契約の更新案内を装い、zipファイルを添付。内部のファイルは「.doc.exe」という拡張子で、アイコンをWordファイルに偽装した実行ファイルだった。実行するとバックドア「Backdoor.Trojan」を展開し、外部サーバに接続。情報漏洩などの被害に遭う可能性がある。

同社では、複数の航空会社に送られた別の詐欺メールも同じメールアドレスから送信されており、日本企業を標的としている可能性が高いと分析。受信企業の事情にあわせ、メールに航空機関連の情報を盛り込む一方で「.doc.exe」を使う手口は同様だった。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
悪用難しいと思われた「Office脆弱性」、公表2週間でマルウェアに - Visa偽装メールで拡散
ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通
金融機関や物流事業者名乗るマルウェアメールに注意を
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Ursnif」の感染活動で複数のサンドボックス回避技術を利用