Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、より強固な暗号に対応するSSL証明書 - 強度はRSA 2048ビットの約1万倍

日本ベリサインは、より強固な暗号アルゴリズムへ対応するマルチアルゴリズムSSLサーバ証明書を2013年上半期より提供する。

あたらしい暗号アルゴリズムである「楕円曲線暗号(ECC)」および「デジタル署名アルゴリズム(DSA)」にオプションとして対応したSSL証明書を、「ベリサインマネージドPKI for SSL」にて提供するもので、商用CAとしては、はじめての試みだという。

いずれのアルゴリズムも、米国政府によって承認されており、アメリカ国家安全保障局によってコンプライアンス要件を満たす保証を得ている。

同社では、「256ビットECC対応版SSLサーバ証明書」の安全性について、RSA 2048ビットの約1万倍、あるいはRSA 3072ビットのサーバ証明書と同等の強度であることを暫定テストで確認したとしており、一方で応答時間の短縮など、スマートデバイスなどへの負担を軽減できるとメリットを説明している。

(Security NEXT - 2013/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Ruby」に2件の脆弱性、アップデートで対応 - 「Ruby 2.5.x」は再修正
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
「Adobe Creative Cloudデスクトップアプリ」に脆弱性 - 更新がリリース
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
「Apache Tomcat Native Connector」に2件の脆弱性
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研