Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、より強固な暗号に対応するSSL証明書 - 強度はRSA 2048ビットの約1万倍

日本ベリサインは、より強固な暗号アルゴリズムへ対応するマルチアルゴリズムSSLサーバ証明書を2013年上半期より提供する。

あたらしい暗号アルゴリズムである「楕円曲線暗号(ECC)」および「デジタル署名アルゴリズム(DSA)」にオプションとして対応したSSL証明書を、「ベリサインマネージドPKI for SSL」にて提供するもので、商用CAとしては、はじめての試みだという。

いずれのアルゴリズムも、米国政府によって承認されており、アメリカ国家安全保障局によってコンプライアンス要件を満たす保証を得ている。

同社では、「256ビットECC対応版SSLサーバ証明書」の安全性について、RSA 2048ビットの約1万倍、あるいはRSA 3072ビットのサーバ証明書と同等の強度であることを暫定テストで確認したとしており、一方で応答時間の短縮など、スマートデバイスなどへの負担を軽減できるとメリットを説明している。

(Security NEXT - 2013/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
ネットワーク対応学習リモコン向けAndroidアプリに脆弱性