Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、Snow Leopard向けにJavaのアップデートを公開

Appleは、Mac OS X 10.6(Snow Leopard)のJavaに存在する深刻な脆弱性を修正する「Java for Mac OS X v10.6 Update 12」の提供を開始した。

同アップデートは、「Java SE 6 Update 37(Java 1.6.0_37)」に含まれる脆弱性へ対応したプログラム,
Oracleが2月1日付けで公開した定例外アップデートを反映した。適用することにより「同6 Update 39(同1.6.0_39)」へアップデートされる。

今回のアップデートで修正された脆弱性は30件に及び、脆弱性が悪用された場合、サンドボックス外で信頼されていないJavaアプレットにより、任意のコードを実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2013/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性