Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」に任意のコード実行が可能となる脆弱性

CMSとして広く利用されている「Movable Type 4」に、深刻な脆弱性が見つかった。任意のコードが実行されるおそれがあり、専門家が注意を呼びかけている。

問題の脆弱性「CVE-2013-0209」は、同システムがアップグレードに用いている「mt-upgrade.cgi」から呼び出す関数に存在し、任意のコードが実行されるおそれがある。「同5」以降は影響を受けない。

脆弱性の再現性を確認したNTTデータ先端技術によれば、エスケープ処理に不備があり、OSのコマンドやSQLクエリなど任意のコード実行が可能になるという。「同4.38」については修正パッチが案内されている。

外部からアクセスが可能なCMSは、これまでも脆弱性がたびたび攻撃の対象となっており、改ざんなどの被害が発生している。今回の脆弱性も攻撃対象となる可能性があり、注意が必要となっている。

(Security NEXT - 2013/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大