Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモックとカスペルスキーが協業、IT統合管理ソフトにウイルス対策機能

ハンモックとカスペルスキーは協業し、IT統合管理ソフトへウイルス対策エンジンの組み込む計画であることを発表した。

ハンモックが提供するIT統合管理ソフトウェア「AssetView PLATINUM」にカスペルスキーのウイルス対策エンジンを採用するもの。2013年春にリリースを予定しており、初年度に100社の導入を目指す。

既存のセキュリティ対策ソフトより乗り換える際に安価な価格で提供するほか、移行作業の自動化による保守コストの低減やセキュリティ対策の統合管理を実現するという。

(Security NEXT - 2013/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品